婦人

企業内にも活用されている

カメラと模型

犯罪抑止効果もある

最近ではどの会社でもセキュリティ強化が行われています。書類など紙媒体の資料はそれ自体を穂ち運ぶことをする際には、目だってしまいます。しかしITが進化した今では膨大なデータもUSBメモリなどで簡単に持ち運ぶことができるようになっているのです。そのため、企業内部での犯罪も起こりやすくなっています。防犯カメラの設置は、犯罪を抑止する効果も持っているため、企業の多くで設置されています。コピー機などに犯罪を防止する為に設置しているケースもあります。しかし防犯カメラは、その監視をどのように行うのかも必要になります。ダミーとして設置する場合もありますが、多くの場合には、自動的に録画を繰り返す仕様になっています。

解像度は高めに設定

防犯カメラを取り付ける際には、解像度にも気を付ける必要があります。解像度が低いカメラは価格も安く保存もしやすいため、一般的に流通していますが、いざという時に犯人を特定できないなどのデメリットもあります。あくまでもその防犯カメラに写っている人の顔を識別できる程度の解像度は最低限必要な条件となります。また、定期的にカメラが正常に稼働しているかを確認する場面も必要になります。犯罪はいつ起きるかわかりません。そのため、いざという時に正常稼働していることが必要なのです。人の目が届きにくい場所だからこそ活躍するカメラですので、その稼働状況はしっかりとつかんでおく必要が大事なポイントになるのです。肖像権なども注意しなければなりません。

家の模型

レンタルがお得

短い期間で防犯カメラが必要となった時は、専門の業者によるレンタルがお勧めです。高額な製品を買う必要がなく、防犯カメラの工事も請け負ってくれるため簡単です。安くお試しができるため、初めての方も安心して利用できます。

ウーマン

売り上げを守るため

従業員による売上金着服は決して少なくありません。監視カメラを設置して監視することで、従業員による不正を防ぐことができます。強盗に入らせないように監視カメラ設置中だとアピールしておけば、とても効果的な防犯対策になります。

レディ

個人で防犯を考えた場合

防犯カメラは、企業や自治体だけではなく、個人でも自宅に設置することが増えてきました。自分で設置する場合にはその効果や利用目的に合わせたカメラを購入し、また位置についても防犯性を考えた上、近隣の方へ配慮して設置しましょう。