防犯

個人で防犯を考えた場合

レディ

抑止力や設置位置

安全と治安の確保のため防犯カメラを取り付けることが多くなりました。また自治体や企業だけではなく、個人の家で玄関前に防犯カメラを設置したり、車に車載カメラを搭載するといったことも一般的となってきています。個人の方が防犯カメラを取り付ける理由は、何か録画しようという意図ではなく抑止力としての効果を期待する場合が多いようです。そうした理由での設置の際には、人の動きに反応して光るセンサーライトなどを併用するとより効果的です。なお、防犯カメラを自分で取り付ける場合には、設定位置を考える必要があります。カメラの向きによって効果が違ってきますし、また道路にカメラを向けてしまうと近隣の住人に不快感を与えることもあるためです。

目的別の利用方法とは

防犯カメラを利用する目的のひとつに、何か不測の事態があった時に役立つといったことがあげられます。そのため、現状何らかの被害にあっていなくても防犯カメラの設置を選択する方もいます。また、防犯意識の高さを表すため抑止力にもなり得ます。そのような場合には、あえて人の目にとまる位置に防犯カメラを設置すると期待する効果が得られるでしょう。また、実際に何らかの問題がある場合には証拠の確保としてカメラを見つからない場所に設置し録画する必要があります。その場合には、障害物や暗闇など録画映像に影響を与える要因を考慮した上で、最適な防犯カメラの購入を検討することが大切です。防犯カメラはインターネットや電気店で購入することができます。